部屋の性格

日馬富士が白鵬を破った瞬間!

興奮しすぎて、気管に入りました。

咳が止まらない…

うえふ、うえふ…

さて、

いらしていただいた患者様によく言っていただくのが、

「爆睡しちゃった!」

「よく寝た~!」

「いい気が流れてる~!」(空気の流れもいいのですよ)

「女子力が上がる!」(私の女子力も上げてくれ!)

そう、よく眠れるのです、鍼灸サロンFOREST。

鍼灸院に行ったらよく眠ってしまうのは私も同じなので、

鍼灸院あるあるかとは思いつつ、

もうちょっと違う力も働いているとにらむヨコヤマ。

この物件に引っ越してきたのは8月1日だったのですが、

以前の物件ではちょっと不眠症気味だったヨコヤマ。

(眠れないわけじゃないんですけどね?

入眠しづらいというか、ベッドに入っても1時間~1時間半は

ごろごろぐだぐだしているのが常でした。)

現在治療室となっている部屋は、

「隣の部屋に比べたらちょっと大きいから、ここが治療室でいいか~」

位の軽い気持ちで、治療室になりました。

この物件に越してきて、荷物搬入最中、

現在カウンセリングをしたり、

足湯に入っていただいているあのソファー。

(一度いらした方ならわかりますね?)

あのソファーしか搬入していない時点で、

引っ越しの最中に、私爆睡してしまいました。

真夏の暑い時期で、ちょっと熱中症気味だったのもあり、

北東向きの治療室(仮)の涼しさが、身に染みて、

本当に久しぶりにスーっと眠っていました。

30分ほどして、はっと起きたときは、

心身共にすっきりしていて、

「この部屋で眠ると、なんだか身体がすっきりするなあ!」

とぼんやり感じました。

それからオープンまでの間、

私の寝室は二階のさらに上のロフトなので、

真夏は殺人的な暑さ。

しかも宙に浮いてる感じで、意味なく怖い。

そんなときはずるずる布団を引きづり、一階まで移動し、

治療室(仮)で施術ベッドの下に布団を敷いて寝ていました。

勉強する部屋。

人が集まる部屋。

だらだらしちゃう部屋。

いろいろあるけど、

きっと我が家の治療室は、

「人が眠るため」に

作られたんじゃないかな~?とにらむヨコヤマ。

だとしたら、

鍼灸院として、いろんな患者様が来て、

みんなが健やかに寝ている昨今。

部屋も喜んでいるのでは!?

などと都合よく考えている今日この頃です。

ちなみに、このブログを書いてる間も、

一階で両親(置鍼中)が健やかに爆睡してます。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
記事一覧
アーカイブ
タグ一覧
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 鍼灸サロン FOREST Wix.comを使って作成されました

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page