鍼灸師のメンテナンス~気滞編

いよいよ九州場所!

みなさん!

みかんとせんべいと炬燵を早急に用意して、

テレビの前にスタンバイはOKですか?

お帰り!日馬富士!(見切れる宝富士)

さて、

三大患者さんによく言われるセリフ、

「自分が肩凝らない?疲れるでしょ?」

それに対し、本音を言えば…

疲れないことはない!

です。

なので、いろんなあの手この手を使って、

疲れや、患者さんから受けてしまったものなど…

どうにか解消していますよ!

ということで今回は日々のメンテナンスについて。

私の体質の中には

「気滞…気が滞りやすい、ストレスためやすい、

言いたいこと言わない、ため息をよくつくetc」

というものがあるので、

疲労時には、悪い気が体内に停滞しているのが自分でもわかります。

気の巡りが悪いのです。

なので、

「いかに気を巡らせて、悪い気を発散させるか」

がポイント。

気は、会話だったり、呼吸だったり、汗をかくことだったりで

発散できるので、

とりあえずジムに行ったりお風呂に入ったりして、汗をかいたり、

友達に愚痴を聞いてもらったり、

呼吸が浅くなりがちなので、深く深呼吸することを心がけたり…。

他にも

「本当にヤバい!」時には

T砂台のK堂鍼灸院に駆け込んだり、

(MY師匠。婚活相談員としても助かってます 笑)

仲良しM先生が、顔を見た瞬間、「横山先生~毒がたまってる~!」と、

とっさに気づき、スペシャル毒抜き治療をしてくださったり…

(そしてそのあとは二人でカラオケへ 笑)

マジありがたいっす…涙

ちなみに簡単気滞タイプチェック

反町隆史のポイズン。

「言いたいことも言えないこんな世の中じゃPOISON」

共感できたら、

あなたも気滞タイプ!

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
記事一覧
アーカイブ
タグ一覧
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 鍼灸サロン FOREST Wix.comを使って作成されました

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page